九州7県、九州経済産業局、
九州経済連合会が連携して開設した
九州の留学生と企業をつなぐ就職応援サイト

留学生の採用を内定したら ~ 行政書士へご相談を ~

留学生の採用を内定したら ~ 行政書士へご相談を ~

 

外国人留学生が日本で就職する場合、在留資格を「留学」から、就労が可能な在留資格に変更する必要があります。変更の手続きには、通常1カ月から3カ月かかりますので、採用の内定後、早い時期から取り掛かる必要があります。

 

このビデオコンテンツでは、在留資格の手続きに関する行政書士への相談や、入国管理局への「申請取次制度」についてご紹介しています。
在留資格の変更は、大変複雑で判りにくい手続です。
必要な際には、行政書士への相談や手続きの代行を依頼することをご検討ください。

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.