九州7県、九州経済産業局、
九州経済連合会が連携して開設した
九州の留学生と企業をつなぐ就職応援サイト

3 留学生の就労ビザ取得の基本(①スキル(技術や知識)を持った外国人)

3 留学生の就労ビザ取得の基本(①スキル(技術や知識)を持った外国人)

就労ビザの許可要件について具体的に確認していきます。

ここでは、前出の「技術・人文知識・国際業務」について説明します。

 

「技術」「人文知識」

「①スキル(技術や知識)を持った外国人が②そのスキルが必要な活動(業務)をする」という前提を思い出してください。

まず①“スキル(技術や知識)を持った”とは、どう審査するのでしょうか。

 

基準省令(出入国管理及び難民認定法第7条第1項第2号の基準を定める省令)では、

A:従事しようとする業務に関連ある専門分野を専攻して大学を卒業していることまたは同等以上の教育を受けていること

B: 従事しようとする業務に関連ある専門分野を専攻して日本の専門学校を修了したこと

C:従事しようとする業務について10年以上の実務経験があること

のいずれかに該当し、それによりスキル(技術や知識)を修得した者としています。

 

つまり、大学や専門学校を卒業したことで、この基準はほぼ満たしたことになります。

ここでいう大学とは、高等専門学校、短期大学、大学、大学院が含まれます。また、日本に限らず、日本の学校教育法に基づく大学、短期大学にあたる外国の大学等も含まれます。

専門学校に関しては、「専門士」を取得できる専門学校でなければなりません。また、専門学校の場合、専攻分野と業務内容の関連性がより密接であることが求められます。

情報処理業務に関しては、A、B、Cを満たしていなくても、一定の資格(法務大臣の告示による)を保有している方は基準に該当します。

 

「国際業務」

国際業務は、大学卒業いかんに関わらず、実務経験が3年以上あることが基準となります。ただし、通訳・翻訳・語学の指導(語学学校の先生)は、大学卒業者は実務経験の基準が免除されますので、卒業後すぐに通訳・翻訳・語学の指導で就労可能です。

従事しようとする業務に関連性がある専門分野か否かは、履修証明書を確認するとよいでしょう。

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.