九州7県、九州経済産業局、
九州経済連合会が連携して開設した
九州の留学生と企業をつなぐ就職応援サイト

留学生採用の基本情報

採用の基本情報には、留学生の採用活動にあたってご留意いただきたい情報が掲載されています。

1 留学生を雇用するために必要な手続き

日本には現在、多くの外国の方が滞在しています。観光、仕事、そして留学などその来日目的はさまざまですが、それぞれその活動目的に該当する「在留資格」を得て日本に滞在しています。   「在留資格」は一般的に「ビザ」と表現されることが多いですが、厳密にいえば在留資格とビザは異なるものです。 「ビザ」とは、入国にあたって必要とされ、「この方は入国しても大丈夫ですよ」という推薦状のようなもので、来日前に現地の大使館等が発行します。(外務省管轄) 「在留資格」とは日本に滞在し活動するために必要なものであり、「いついつまで、○○の活動のために日本に滞在してもいいですよ」という許可証のようなもので、入国管理局が発行します。(法務省管轄)   この前提をふまえ、「在留資格」については、広く一般で使われている「ビザ」という表現に統一してご説明します。   ビザには種類(27種類)があり、留学生であれば「留学」という種類のビザになります。その留学生が卒業後、日本国内で就職するにあたっては「就労ビザ」への切り替えが必要になります。 留学生を採用するために必要な手続きとは、ビザを「留学」から「就労ビザ」に変える「在留資格変更許可申請」が必要になるということです。   ちなみに、外国人(短期滞在者除く)も住民登録をし、マイナンバーも発行され、納税し、社会保障も可能な限り適応されます。採用時、日本人と同様な手続きに加えて行うのが「在留資格変更許可申請」になります。 なお、この手続きは、入国管理局に留学生本人、もしくは、入国管理局申請取次の承認を受けた行政書士、弁護士が行います。   就労ビザには、種類とその活動内容(業務内容)、それに対する基準が決まっていますので、必ず認められるものではありません。せっかく内定を出しても就労ビザが取得できなければ実際に雇用はできないため、そのような状況を避けるには、ビザについての理解が求められます。...

Read More

「内定前・後の留学生採用ノウハウ」掲載開始します!

企業が外国人留学生の採用を内定した後には、在留資格の変更申請等の様々な手続きが必要になります。 手続きにあたっては、内定通知前の事前の検討や提出書類の作成等のノウハウが必要です。 留学生の採用にあたっての手続き等に精通した行政書士の小竹理香先生によるコンテンツ「内定前・後の留学生採用ノウハウ」を、当サイトに順次掲載していきます。     掲載するコンテンツの内容は、以下のとおりです。 1 留学生を雇用するために必要な手続き 2 就労ビザとは 3 留学生の就労ビザ取得の基本(①スキル(技術や知識)を持った外国人) 4 留学生の就労ビザ取得の基本(②そのスキルが必要な活動(業務)) 5 就労ビザが取得できた事例(1) 6 就労ビザが取得できた事例(2) 7 就労ビザの取得手続き(1)(法定書類等) 8 就労ビザの取得手続き(2)(任意に用意するもの) 9 留学生を雇用するにあたり 10 【参考】在留カードについて     企業の採用ご担当者は、ぜひ「内定前・後の留学生採用ノウハウ」をお読みいただき、留学生の採用活動にご活用ください。     ○コンテンツ著者紹介 行政書士 小竹理香先生 <経歴> ・入国管理局でビザ審査の業務に携わる ・就労ビザに関する手続きについてセミナーや相談業務を多数担当 ・起業したい女性のステップアップに向けた支援を行っている (かつてワーキングホリデーで滞在したカナダでは、スタッフ全員中国人というレスト ランに勤務し、異文化で働く「タイヘン」も経験。) <主な実績> ・小竹りか行政書士事務所 代表 ・福岡県行政書士会所属 ・入国管理局申請取次行政書士 ・中小企業庁 福岡県よろず支援拠点コーディネーター ・(一社)女性起業家スプラウト副理事長        など・・・...

Read More

九州各県の行政書士会について

行政書士は、事務所のある都道府県の行政書士会へ入会することとなっています。 九州も各県毎に行政書士会が設けられ、身近な「街の法律家」である会員行政書士による、様々な活動が行われています。 九州各県の行政書士会の連絡先は、以下のとおりです。 行政書士会による無料相談会等については、各県の行政書士会へお尋ねください。 福岡県行政書士会 Web: http://www.gyosei-fukuoka.or.jp/ Tel: 092-641-2501   佐賀県行政書士会 Web: http://capls.or.jp/ Tel: 0952-36-6051   長崎県行政書士会 Web: http://gyosei-nagasaki.com/index.html Tel: 095-826-5452   熊本県行政書士会 Web: http://www.kumagyou.jp/ Tel: 096-385-7300   大分県行政書士会 Web: http://www.ync-oita.jp/index.html Tel: 097-537-7089   宮崎県行政書士会 Web: http://mz-gyousei.org/index.html Tel: 0985-24-4356   鹿児島県行政書士会 Web: http://kagyousei.com/ Tel: 099-253-6500   【この記事のお問合せ先】 福岡県留学生サポートセンター運営協議会 Web: http://www.fissc.net/ Tel: 092-725-9201...

Read More

ご利用ください! ~ 行政書士会の無料相談会 ~

  九州各県の行政書士会は、無料相談会を開催して、外国人が日本での生活・就職する際に必要となる在留資格などに関する相談に応じています。   このビデオコンテンツでは、行政書士会による無料相談会についてご紹介しています。 留学生の採用を予定している企業の採用ご担当者は、在留資格の変更手続きなどで判らないことがある場合は、是非、相談会を利用してください。...

Read More

留学生の採用を内定したら ~ 行政書士へご相談を ~

  外国人留学生が日本で就職する場合、在留資格を「留学」から、就労が可能な在留資格に変更する必要があります。変更の手続きには、通常1カ月から3カ月かかりますので、採用の内定後、早い時期から取り掛かる必要があります。   このビデオコンテンツでは、在留資格の手続きに関する行政書士への相談や、入国管理局への「申請取次制度」についてご紹介しています。 在留資格の変更は、大変複雑で判りにくい手続です。 必要な際には、行政書士への相談や手続きの代行を依頼することをご検討ください。...

Read More